【閲覧注意】政府に見放された「呪いをかけられた村」の実態は障害者20000人を鎖で拘束し隔離した奴隷村だった・・・・。

gfefereg

インドネシアに現代とは思えない村があります。

その村とは、障害者を20000人も隔離し、拘束している村なのです。

「呪いをかけられた村」

現地の人たちは、その実態をごまかそうとしており

「呪い」のせいにしています。

 

インドネシアにの人口は2億5000万人もいるにもかかわらず、

精神科が国内に48か所しかないという実態があります。

 

また、貧困の理由から家族から見放され、その村に捨てられる人がいるというのです。

日本では障害を持った方たちも、仕事を与えられ活躍できる状態が増えつつありますが

世界の貧しい国々ではこういった現状があるようです。

 

その村の画像

images (1) images img_0 o06400405pefume01

どうでしょうか???

胸が痛くなりますね・・・・・・。

ここに上げた画像は比較的、見れる記事です。

本来は、もっと心を痛めるような現状があるんです。

 

何か私たちに出来る事がないか考える必要がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。