地球至上12回目にして最強のポールシフト(磁気反転)が2016年6~8月に起こることが判明。地球上生物の70%が…

04
04

以前から囁かれていたポールシフト(地磁気反転)がもうすぐ起こってしまうという。

ポールシフトとは、磁気のS極とN極が逆転する現象だ。

これが起こってしまうと…

 

 

・地球至上最強クラスのポールシフト

ポールシフトとは、地球の磁気が逆転してしまう現象で

地球至上、過去360万年で11回起こっている。

その中でも今回の12回目のポールシフトは最強クラスで、

磁気反転の際に一旦全ての磁気が無くなってしまう。

そうすると、磁気によって守られていた太陽からの風

(太陽風)を直に浴びることになり、地球上の生物は

凄まじい放射線により滅びてしまうことになる。

 

現に、ここ160年間で地球の磁気は著しく弱まっており

ポールシフトがいつ起こってもおかしくない状況だ。

 

およそ33万年に1回のペースで起こっているため、

最後のポールシフトから約44万年経っている現在

明日にでも起こる可能性は否定できない。

 

・ネットの反応

1.

ファーwwww

 

2.

ついに一大イベントやで

 

3.

磁気反転かっこいいな

 

4.

致死量の放射線を浴びることになるのか

 

5.

またガセだろ

 

6.

中国人が爆買いし始めるまでは大丈夫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。