【鬼畜】小学5年生の娘に性的虐待を200回以上強要した父親が懲役500年の判決

娘に性的虐待

世界で性的虐待を受けている女性は少なくありません。

その中には、父親が娘へ性的な虐待を行うケースも多々あります。

 

最近、あるニュースが話題になりました。

小学5年生の娘へ性的虐待を200回以上も強要したとして、

その娘の父親が逮捕されたのです。

 

この事件は被害者の女性が精神的に苦痛を感じ漂白剤を飲み、自殺を計ったことで発覚しました。

当初、父親は犯行を否認していたものの、娘が父親のペニスの特徴を詳しく言い当てたことから

父親は有罪判決を受けました。

 

しかも、実刑が驚愕の期間だったのです。

裁判所は、娘への強姦罪として父親に懲役499.5年の刑に処すると有罪判決を言い渡しました。

この父親が行った罪は・・・・

 

娘が小学5年生の頃から、フェラチオを強要し

嫌がる娘に対して暴力をふるい、強姦していたそうです。

胸をもみしだくこともあったそうで、

娘は抵抗できなかったそう。

 

海外では明らかに人間が生きていられない期間の懲役年数を言い渡すケースがあります。

事実上、「死ぬまで牢獄」ということ。

ある意味、死刑宣告より重いという人さえいます。

 

しかし、その女性が受けた精神的苦痛は一生忘れさることはないので、

この位の刑が下されても仕方がなかったのでしょう。

 

おすすめ記事:バカで笑えるおもしろ動画10連発!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。