舛添氏に大学生の愛人が二人いることが判明!!しかも二人とも妊娠させ、さらに……

舛添氏愛人二人

政治資金問題で炎上中の舛添都知事。

舛添氏はプレイボーイをしても知られており、数々の女性とただならぬ関係を交わしてきた。

現在は結婚しているが、なんと愛人が二人いることが発覚したのだ。

しかも愛人は二人とも妊娠しており、舛添氏の子供を産んでいる。

さらにそれだけではとどまらず…

 

 

・舛添氏、女性関係は極悪だった!

舛添氏は3度の結婚をしています。最初は1978年にフランスに留学した際、現地のフランス人と結婚。しかし、その3年後に離婚しています。

二人目は1986年に片山さつき議員とお見合い結婚。この夫婦生活も2年で終了しますが、その間に二人の愛人がいることが発覚。そのうち一人はなんと東大生で、舛添氏が指導教官だった頃に付き合っていたといいます。この東大生の愛人は付き合って間もなく妊娠し、子供を産みます。

そして舛添氏は片山さつき氏を離婚しますが、この愛人とは結婚せず1995年に現・妻と結婚。

これで終わりかと思ったら、現・妻と結婚する前年にもう一人の愛人が妊娠し出産。

これだけのことをしておいて多くが報道されなかったのは、圧力をかけたからとも言われています。

・現在もドロドロした関係が…

2014年に舛添氏は一人目の愛人(東大生)に対して、産んだ子供に障害があるとして「議員を辞めるから収入が減る。養育費を減額したい」というとんでもない裁判を起こしています。この裁判は舛添氏が敗訴した形になっていますが、謝罪の言葉一つなかったと言われています。

それから政治資金を公私混同で豪遊し、現在に至るということです。

近年稀にみるクズっぷりだとネットでは凄まじい非難が巻き起こっています。

これから舛添氏はどうなるのでしょうか。都知事を辞める気は一切無いようですが、果たして世間はそれを許すのか…。

許すわけがないと思いますが…^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。