女子中学生が友達の前でいきなり電車に飛び込み亡くなる。この前もあったばかりなのに…

女子中学生飛び込み

5月28日の午前7時頃、JR高崎線の上尾駅で3人の女子中学生がホームを歩いていたところ、1人がいきなりホームに進入してきた電車に向かって飛び込みました。

約3週間前にも2人の学生が手をつないで飛び込んで死亡した事故もあったことから、対策案を講じている矢先の出来事でした。

 

 

・何の前触れもなく飛び込む

女子中学生は3人そろって歩いていたところ、そのうち1人がいきなり電車に向かって飛び込んだそうです。

鑑識も捜査していることから、飛び込んだ女子学生は即死だったとみられています。

突然の出来事に残された2人がベンチで泣き崩れているのが痛ましさを物語っています。

現場を目撃した人がSNSに「エグ過ぎる」と投稿しているようで、かなり悲惨なことになっていたようです。

・GW明け初日にも同じような事故

GWが明けた初日に女子学生2人が手をつないでホームに飛び込んだという事故が起こりましたが、この時には遺書が見つかっています。

「人間関係に疲れた」と書いてあったそうで、クラスメイトとの関係の拗れが原因だったと思われます。

しかし、今回は遺書も見つかっておらず友達の目の前でいきなり飛び込んだそうですから、ネットでは「いじめが原因の可能性がある」「一緒にいた友達との関係性が怪しい」との声が上がっています。

現在、亡くなった女子学生の普段の学校生活など詳しい情報を集めているようで、ここから新たな問題が発生するかもしれません。

人間関係一つで自らの命を絶つことの多くなってきた現代の学生、早く打開策を見つけないとまた悲惨な事故が起こってしまうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。