たまごっち2016に搭載されている新機能が闇しかないと話題に。これ大人でもトラウマになるレベル…

現代のたまごっちの闇

今から1990年半ばに発売された『たまごっち』

当時は凄まじい人気を誇り販売店では売り切れ続出となった。

それから約20年がたち、リニューアルしてたまごっちが発売された。

しかし、時代は移り変わるもので、内容は当時とは全くかけ離れたものになっている。

その中でも特にトラウマになると言われている機能がこちら。

 

 

・死なない代わりに手紙を残して去っていく

たまごっちと言えば、放置をかましたらすぐに死んでしまうという機能で有名だったが、現在のたまごっちは何と死なない設定だという。

さらにベビーシッターモードという機能も搭載しているらしく、放置するときはそのモードにしておけば問題無いとのこと。

しかし、ただ甘々な設定というわけでもなく、本当に放置プレイをした場合の措置がある。

前たまごっちは勿論死亡するが、現代のたまごっちは何と手紙を残して去っていくというのだ…!

その手紙の内容がこちら。

現代のたまごっち

もっといっぱいかまってほしかった……

さみしかった……

こんどあえたら

そのときは

もっともっとあそぼうね……

ちょっと重すぎる内容に引いてしまいそうだ。

こんな手紙を唐突に突き付けられた子供たちの精神状態が心配だ。

これなら死亡したほうが悲しみとして受け止められる。

やはり命を疎かにした罰はそれなりに強烈だということを再認識させられるNewたまごっちであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。