名古屋の公園で座ったままの男性が死亡

名古屋公園

名古屋の公園で座ったままの男性が死亡

公園で座ったまま動かないと通報

22日午後10時10分頃、名古屋市の通行人から「公園のベンチで座ったまま動かない男性がいる」と119番通報があり救急隊員がかけつけました。

愛知県警によると、名古屋市中村区押木田町1丁目の押木田公園で男性が座った状態で見つかり、病院に搬送されましたが、約30分後に死亡が確認されました。死亡した男性は、職業不詳の重田光則さん(56)で、ベンチ付近に落ちていたカバンにより身元が判明したそうです。全身に複数の殴られたような跡があり、県警は男性が事件に巻き込まれた可能性が高いとし、障害致傷事件として捜査を開始しています。

押木田公園はJR名古屋駅の西約2キロの住宅街にあり、日中は近隣住民の憩いの場となっているそうです。

死因は出血した際に、血でのどを詰まらせ窒息死したとみられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。