富山県で地震頻発!不安の声広がる。

富山地震

富山県で地震頻発!不安の声広がる。

富山県で小規模な地震が頻発している!

富山県はもともと地震の少ない地域として知られているが、2016年8月29日ごろから小規模な地震が頻発しているそうです。富山地方気象台によると、同地域での地震活動は9月12日以降さらに活発化。小さな地震のため、体感的に揺れを感じるものはほとんどないそうですが、8月以降の観測回数はすでに400回を超えているそうです。

富山地震

注意のよびかけ!

地震活動の活発化をうけ、富山地方気象台は「富山県東部の地震活動について」などと題した解説資料を二度にわたって発表しているそうです。

富山地震

地震の震源は、黒部ダムから北に8キロほど離れた地域に集中しており、地震の最大規模は9月19日に観測されたマグニチュード(M)2.0で、地震の発生回数は1週間で200回以上起きている状況です。震源の浅い地震が局部的に発生していることから、規模が小さくても、落石や地盤の崩れが起こる恐れもるため気象台は登山客らに注意を呼び掛けているそうです。震源域から南西約10キロにある北アルプス・立山連峰の阿陀ヶ原のマグマ活動に変化はみられていないため、火山との関係性はないとのこと。

次は富山か?と不安の声・・・

頻発する小規模地震に、ネット上では不安の声があがっており、「なんか不気味」「次は富山なのか」と、大震災がおこるのではないかと心配するネットユーザーが数多く出ていました。そのほか、地震が発生した時期ごろから、富山市議会で政務活動費の不正請求問題で辞職する議員が相次いでいたため、「議会が揺れてると思ったら地面も揺れてるんだね」「市議会にお怒りなのかな?」と、皮肉った声も一部からはあがっているそう・・・。

何にせよ、非常食や防災用品をそろえておくことも大事でしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。