病院で殺人!横浜 大口病院殺人事件で点滴に投与された成分判明!!

横浜病院殺人事件

病院で殺人!横浜 大口病院殺人事件で点滴に投与された成分判明!!

点滴に投与された成分が判明!患者は死亡

9月20日に、横浜市神奈川区大口通にある大口病院に入院していた患者、無職の八巻信雄さん(88)の点滴内に異物が投与され、死亡した事件で、投与された異物の成分が判明したとのことです。

投与されていたのはヘアーリンスや殺菌剤などに使われる界面活性剤の成分で、一般に販売されている製品に含まれるため、捜査対象が広がり、捜査は難航する可能性が高まったそうです。なお神奈川県警の司法解剖の結果によると、八巻さんの死因は中毒死であったことが判明しました。

b5

病院内では他にもトラブルが・・・

9月2日に横浜市医療安全課が大口病院に定期立ち入り検査をしたさいには、病院のスタッフの飲料に漂白剤のようなものが混入されていたり、看護師のエプロンが切り裂かれたりするトラブルが発生していたことが発覚しました。再発防止を指導したいとのこと。

同課によると、7月上旬に別の課に情報提供のメールがあり「看護師のエプロンが切り裂かれている」「患者のカルテが紛失した」などの内容が書かれていたそうです。さらに8月中旬に同一人物から再び「病院のスタッフが漂白剤混入の飲料を飲んで唇がただれた」とメールがあったそうです。このため、同課が定期立ち入り検査で病院に事実確認したろころ、上記のことが確認されました。

市は今回の事件発覚を受けて、臨時の立ち入り検査も検討しているそうです。

横浜病院殺人事件

他の入院患者も中毒死!今回の事件との関係は

八巻さんが入院していた4階のフロアでは、入院していた80~90歳の男女3名が9月18日以降に連続して死亡しているそうで、警察では今回の事件と関係がないか捜査していたところ、死亡していた1名が中毒死していたことが判明しました。これにより今回の事件との関連の可能性が高まっているそうです。

大口病院では午後5時から午前8時までは、出入り口に警備員が常駐しているため、警察は「関係者以外の人間は出入りができないと思う」としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。