カナダで行方不明だった日本人女性の遺体見つかる。犯人は逮捕!

古川夏好 死亡

カナダで行方不明だった日本人女性の遺体見つかる。犯人は逮捕!

9月8日から、カナダのバンクーバーで行方不明だった青森県出身の留学生・古川夏好さんの遺体が9月28日に発見されました。カナダ警察は、ウィリアム・シュナイダー容疑者(48)を死体遺棄の疑いで逮捕したと発表しました。古川さんの遺体は、バンクーバー西部郊外の住宅で発見されたそうです。

公開された映像の男が犯人

古川さんは9月7日の夜、自宅に戻った姿を目撃されていますが、その翌日8日の午前11時半ごろに、知人との連絡を最後に、行方がわからなくなっていました。その後、古川さんがよく通っていた図書館付近で、古川さんと男が並んで歩く映像が公開されました。

カナダ

警察によると、この男がシュナイダー容疑者だったそうで、古川さんとの関係や、犯行の動機を調べています。

古川さんの友人は、「最後の瞬間まで、どこかで生きていてくれていることを信じながら活動していました。今はただ心から夏好さんのご冥福をお祈りいたします」と話してくれました。在バンクーバー日本総領事館は、古川さんの家族と連絡をとり、家族は現地いりするかどうか検討されているそうです。また、5日には現地で古川さんの遺体の検視を行う予定だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。