31年半続いた『さんまのまんま』放送終了原因が判明!!

adfd

2016年9月24日に31年半続いた明石家さんま(61)が司会を務める番組『さんまのまんま』の放送が最終回を迎えた!
最終回のゲストは森昌子(57)でトータルのゲスト数は2000人以上、放送回数は1400回を超える人気長寿番組でした。

adfd

『さんまのまんま』番組終了原因

番組終了原因は、これまで明石家さんまが自身でも番組の製作費が下がった事が原因と話していましたが、
番組終了理由はそれとは別にあった!
製作費が下がった事が原因の一つでもあるが、実は明石家さんまにギャラを支払えなくなったのが原因!
明石家さんまは芸能界でも高額所得者の部類に入る。

勿論さんまさんが、ギャラを下げれるだけ下げて対応したきたようですが、もう下げられない所まできてしまったようです。
今までと同じ番組のセットで撮影を行ってきており、番組制作費は他の番組よりもかかっていないはずです。
なのに、番組制作費が下がり放送を終了してしまうと言う事はどれだけのギャラを明石家さんまさんは貰っていたのかが気になってくる所です。

終了原因は明石家さんまさん以外のゲストで呼ばれる、芸能界でも有名な方々。
その方達に支払っているギャラも気になる所ですね。

これから番組制作費等が原因で長寿番組が終了するのも多くなってきそうなので、気にして暖かく見守っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。