【画像】生魚を食べてお腹が痛くなる原因!寄生虫のアニサキスが高確率で関係していた・・・

魚 寄生虫

魚が美味しい季節になると、どうしても刺身や焼き魚が食べたくなる事ありませんか?
鮭や、油が乗って美味しい鯖など焼いて食べるよりも生で食べたいと言う人も多いでしょう。

生魚を食べてお腹が痛くなる原因

魚の種類にもよりますが、魚には寄生虫が生息しています。
寄生虫と言うと数ミリ程の小さい物を想像すると思いますが、
魚に生息している寄生虫は2~3㎝のものが多く、肉眼でもハッキリと見えます。

魚に生息している寄生虫「アニサキス

アニサキス

こちらは鮭に付着している状態のアニサキスです。
たまにスーパーで生魚が入っているパックに付いている事もあるので注意して買うようにしましょう。

アニサキス

アニサキスは70℃以上で加熱するか、-20℃以下で冷凍しないと死滅しません。
小さく切って運よくアニサキスが出てくれば問題ないのですが、身の中に入っていることも多いので刺身などで食べる場合は細心の注意が必要です。

釣り人に有効な方法

アニサキスは、最初は「ハラワタ」に入っています。
釣ってすぐ「ハラワタ」を取り除けばアニサキスの被害は最小限に抑えられます。

鮮度が低くなったり、高温になってくるとアニサキスは自分の身を守る為に魚の身に入っていきます。

その他の対処法

アニサキスは、嚙まれたり切られたりすると死滅します。
なので、魚を食べる際は「よく噛んで」食べるようにしましょう。

アニサキスが生息しやすい魚

○サバ
○スルメイカ
○水イカ
○ヨコワ
○サワラ
○カタクチイワシ
○鱈
○アンコウ
○秋鮭
他の魚にも生息している可能性もあります。

アニサキスを食べた時の症状

もし生魚を食べて
○腹痛
○吐き気
○おう吐
○下痢
等の症状が現れれば、高確率でアニサキスが原因だと考えられるでしょう。
腹痛の痛みが胃潰瘍と同じくらいの痛みが現れます。
症状は食して4時間~6時間程ででてきます。

アニサキスは胃酸にも強く、胃の中で4日間程生き延びると言われています。
しかし、腹痛を4日間も我慢せず病院に行くようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。