土屋太鳳がオールスター感謝祭で放送事故!ミニマラソンで失神、スタッフに担がれてセット裏へ(画像)

土屋2

土屋太鳳がオールスター感謝祭で放送事故!ミニマラソンで失神、スタッフに担がれてセット裏へ(画像)

 

8日に放送されたTBS「オールスター感謝祭2016」でマラソンを走った土屋太鳳が完走直後に倒れ込みスタッフに担がれて一時画面から姿を消しました。ペースを考えずに終始全力で走ったようで、脱水症状になったとされています。

 

・完走後に倒れる

土屋太鳳

今回のミニマラソンはリオオリンピックで金メダルを取ったモハメドファラーが参戦し、マラソンを見に来たギャラリーも過去最大となりました。

数々の芸能人が走る中、あと1周というところまで土屋太鳳がトップを走っていました。

 

しかし、メダリストの追い上げに屈してしまい最後は8位で入賞という記録になりました。

女性アスリート以外での女性入賞は珍しいため、スタジオからは拍手喝采を浴びていました。

 

ところが、ゴール直後その場に倒れ込み放心状態となりスタッフの呼びかけにも反応しないという状況になってしまい視聴者からは「太鳳ちゃん大丈夫!?」と心配の声がSNSで上がっていました。

 

この後、すぐにセット裏に運び込まれ一時画面から消えてしまいました。

この間にも入賞者インタビューが行われ、土屋の番になると裏からスタッフに肩を担がれ登場。

息を切らしながら感想…と思いきや、何とここで番宣をし司会の今田耕司から「命がけの番宣や!」と衝撃を受けたような言葉をかけられていました。

 

ここで会場からは全力を出し切った土屋に対して「感動した」と涙を流しながら拍手が送られていました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。