兵庫県の河川敷で切断された脚と腕を発見。警察は身元の確認など捜査を開始

000085248_640

兵庫県の河川敷で切断された脚と腕を発見。警察は身元の確認など捜査を開始

 

兵庫県伊丹氏東桑津の猪名川河川敷に、切断された両腕と両脚が発見されました。

10日2時ごろ、「人の死体がある」と男性から通報があり、現場にかけつけた警察官により、人の両腕と両脚を発見。何者かが遺体を遺棄したとみて捜査を開始しました。

000085248_640

伊丹署によりますと、遺棄されていた遺体は、肘から指先までの部分と、膝から指先の部分で、人の手によって切断されたのかは不明。年齢や性別も今のところ分かっていません。切断された両腕は、橋のすぐ下の河川敷の草むらにあり、さらに約5メートル離れた場所の草むらに両脚があったそうです。この付近には、他に切断された部位は見つかっていないそうです。

発見された遺体は死後、少なくとも数日以上が経過しているそうで、体の特徴から幼い子供ではないそうです。発見された河川敷は、普段は人通りの少ない場所だそうです。

警察は、死体遺棄事件を視野にいれて捜査を急いでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。