嵐 相葉雅紀 病気を患っていた!!ジャニーズ引退とまで決断した過去

嵐

嵐 相葉雅紀 病気を患っていた!!ジャニーズ引退とまで決断した過去

10月7日に放送された「あさイチ」でゲスト出演したジャニーズ人気グループの嵐・相葉雅紀自身を襲った病気について語ってくれました。デビューして3年たったころ、相葉は肺気胸で入院。手術をおこなっていたという。「治っても再発することも多いので、激しい運動は控えたほうがいい」と医師から告げられ、両親にジャニーズを引退すべきかと相談していたそうです。相葉の実家は中華料理店なので、料理人を目指そうかと考え、事務所にも相談するところまでいっていたそうです!

相葉雅紀

嵐

肺気胸とは10代からの若い男性に多い病気だそうで、肺に穴が開いて肺腔に空気がたまり、肺が押されて小さくなり、胸痛や呼吸困難、咳などの症状が起こります。空気が大量に漏れると肺がしぼんで、さらに心臓を圧迫し、ショック死をするということも。治ってからも再発しやすい病気なので、注意が必要なんだそうです。痩せ形で長身の男性によくみられるそうで、芸能人では、佐藤健やナイナイの矢部浩之なども肺気胸を患っています。

 

相葉は11年にも再発し、入院をしています。それでも、相葉は少しでも再発をしないように地道なトレーニングを重ね、人気アイドルとして全国コンサート回ったり、体育会系番組「VS嵐」など、活躍できるように努力をかさねています!!

SMAP解散も間近となった今、ジャニーズをしょってたつのは嵐!とも言われていますし、相葉くんの活躍を今後も応援したいですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。