青森県の黒石写真コンテスト 自殺した中学生が邪魔だと賞取り消し!批判殺到

3bcb09c1b57bb4d78d8eddc302287645

青森県の黒石写真コンテスト 自殺した中学生が邪魔だと賞取り消し!批判殺到

8月に行われた青森県黒石よされ写真コンテストで、主催した青森県の黒石よされ実行委員会が、最高賞の黒石市長賞を内定したのち、あることを理由に賞の取り消しをしたことが16日に判明しました。

3bcb09c1b57bb4d78d8eddc302287645

作品に写っている、浪岡中学校2年生の女子生徒は自殺した生徒ということが内定後にわかり、内部からは「波風を立てないほうがいい」と異論がでたために、再協議をおこなったそうです。内定した作品は8月15日に撮影したそうで、生徒は8月25日に亡くなったそうです。撮影者の男性は生徒と面識はなく、写真は亡くなる前に撮影したというそうです。

賞の内定が決まったのは10月11日だそうで、実行委員は被写体の踊り手が所属する団体に連絡した際、自殺した生徒だと判明。「関係者の承諾があればいい」と考え、撮影者や遺族に事情を説明したところ、受賞や写真公開の承諾は得ていたという。

しかし、13日の夜に、実行委員の担当者や審査員らは再協議を行ったという。その結果、内定の取り消しを決めました。そして14日には、事務所が撮影者に受賞の辞退を要請し、撮影者はそれを了承したそうです。遺族にも経緯を説明しました。自殺した生徒の父親は「(受賞内定を)家族みんなで喜んだのに突き落とされたような思い。(取り消しの理由は)面倒に巻き込まれたくないと言っているように聞こえる」と話しているそうです。
公式サイトには一切画像が載っていないため、どのような写真だったのかは不明です。遺族に承諾まで取ったのに、取り消す必要はあったのでしょうか?だったら遺族に確認するまえに取り消すべきだったと思いますがね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。