ゲス川谷 完全にとばっちり!!フェスの豪雨も”ゲスの呪い”と言われる始末

ゲス

ゲス川谷 完全にとばっちり!!フェスの豪雨も”ゲスの呪い”と言われる始末

出演したフェスが豪雨で打ち切り!!

不倫騒動と未成飲酒問題で活動自粛を発表した「ゲスの極み乙女。」ボーカルの川谷絵音。活動自粛を発表後のライブで「2018年にいい意味でフラッシュを浴びたい」と発言したことで、2018年には復帰するのでは?と反省していないのではと再度炎上。本人はツイッターにて「2018年に復帰するなんて言ってない。ねんで嘘や憶測でニュースにするのだろう」と怒りをあらわにしていた川谷ですが、なんだか同情してしまいそうになるほどの”こじつけニュース”が流れています。

川谷絵音

ゲス

川谷との不倫騒動で活動休止に追い込まれたベッキーや、未成年タレントで川谷の恋人ほのかりんは飲酒の事実が発覚し番組降板や舞台降板とメディアの露出がなくなるなど、川谷と絡んだ人物が次々と不幸に陥る現象「ゲスの呪い」と面白おかしく報道されていました。その現象が音楽業界でも起こっていると報道されているのです。

ゲス

関西で行われた野外フェスに出演したゲスの極み乙女。ですが、パフォーマンス終了後川谷らがステージから降りた直後に天気が急変。激しい雷雨がおこり残り3組のアーティストが出演することができなかったそうなんです。8年続く同フェスの中で「初の打ち切り」となってしまったんです。

音楽関係者によると、「川谷らは、次の予定があったのか、出演後はすぐさま会場を後にしていました。ただ、打ち切りがきまった瞬間、関係者の間では『ここでもゲスの呪いかよ・・・』と嘆く声が多く聞かれたようです」と話しています。

音楽関係者のこのコメントはネット上でいろんな記事として書かれていますが、なんだかこれはやりすぎな気がしますね・・・。確かに、人として道徳的に批判をかってしまう行動の多かった川谷ですが、天候の事までこじつけられるとなると、本人もたまったもんじゃないですよね^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。