中学校教師が生徒にわいせつ行為!バレーボール部顧問の男性教師を懲戒免職

img_1269

中学校教師が生徒にわいせつ行為!バレーボール部顧問の男性教師を懲戒免職

横浜市の中学校の男性教師(49)が、顧問をつとめるバレーボール部の女子生徒らに1年半にわたり殴るなどの体罰行為や、胸などを触るわいせつ行為を繰り返していたとして、横浜市教育委員会は、この男性教師を懲戒免職の処分にしました。

img_1269

教育委員会によると、この男性教師は今年2月までの1年半にわたり、バレーボール部の女子生徒11人に対し「練習試合でミスをした」との理由で後頭部をつかんで体を引き倒したり、拳で殴るなどの体罰行為を行ったそうです。また、練習中には6人の生徒の胸や尻を触るなどわいせつな行為を行い、容姿などを馬鹿にする暴言を吐いていたそうです。

去年11月ごろから匿名による複数の情報が寄せられ、教育委員会が調査を行い、事実が発覚したため懲戒免職の処分としたそうです。

実はこの男性教師、およそ4年前に前任の中学校でも、部活動中に体罰行為をおこない、校長から指導を受けていたのです。しかしこの情報が今の学校や教育委員会に伝わっていなかったそうです。横浜市教育委員会東部学校教育事務所は、情報の共有に不備があったと認めたうえで「極めて遺憾え再発防止に努めたい」と謝罪のコメントをしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。