和田アキ子が「シェーグレン症候群」であると告白、常に水を飲まないと死んでしまう難病

和田2

和田アキ子が「シェーグレン症候群」だと告白!常に水を持って行動している

 

和田アキ子(66)がテレビ番組で、自身が難病のシェーグレン症候群を患っていると告白しました。

常に水は手放せない状態だと言い、現在も苦しんでいるとのことです。

 

・和田アキ子、難病

和田

日本放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」でパーソナリティーを務める和田アキ子(66)が「シェーグレン症候群」と呼ばれる難病であると明かしました。

この日のゲストは宮城県の慈眼寺住職の塩沼亮潤氏で1300年間で一人しか成功していない修行「大峯千日回峰行」に成功し話題になった僧侶です。

その修行の中で9日間、飲まず食わずで横になることも許されないという内容が放送され「信じられない」と感心した和田が自身の難病について語りました。

 

「私はシェーグレン症候群で常に水を飲まないと生きていけない」と告白した上で、症候群のせいで筋肉痛が治らなかったりと症状が出ていたことも発言しました。

 

・シェーグレン症候群

シェーグレン症候群とは関節や筋肉に痛みが発生する膠原病(こうげんびょう)の一種で、涙腺や唾液腺が慢性的に腫れてしまい涙や唾液の分泌が低下し常に乾燥状態になってしまう病気です。現在も原因は特定されておらず、日本の患者数は10万人~50万人とされています。

40~60代で男性に比べて圧倒的に女性が発症しやすく、そのメカニズムも全く解明されていない難病となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。