【閲覧注意】DVを受けた女性の勇気ある行動が話題に!危険な暴力行為を世界に訴える

img_1274

【閲覧注意】DVを受けた女性の勇気ある行動が話題に!危険な暴力行為を世界に訴える

付き合っていた彼からの酷い暴力

イギリス北部のリーズ在住のステファニー・リトルウッドさんが、彼氏から受けたDVによってできた生々しい傷跡を自信のFacebookに公開しました。その目的は同じDV被害にあっている女性に、「暴力から勇気をもって逃げるよう」と訴えるためです。

家庭内暴力(ドメスティック・ヴァイオレンスDV)は世界的に深刻な社会問題です。

アメリカの統計によると、女性の40%が恋人やパートナーからの暴力を経験するリスクがあるということ。さらに毎分20人がパートナーから暴力的被害を受けている、9秒毎にぶたれているという驚くべきデータもあるそうです。

そしてDV加害者の多くは、子供の時に親から暴力を受けている確率が高いそうなんです。

ステファニーさんが公開した写真

dv01 dv02

今年の4月、元恋人から性交渉を迫られたのですが、そういう気分ではなかったステファニーさんは彼の要求を拒絶。その日機嫌の悪かった彼は激怒し突然ステファニーさんに暴行を加えたそうです。

顔は変形し、歯は3本も欠けてしまうほどの酷い暴力。

いきなり床に投げつけられ、首を絞められ50回近く殴打されたそうです。歯は3本失い、アゴの骨を骨折し、目元には大きなアザが。

dv04

DVを受けた被害者は深いトラウマをもち、外傷が癒えた後も精神状態は元にもどらないことがほとんどです。

ステファニーさんは元恋人は告訴。数か月後禁固16カ月の判決が下ったそうです。

ステファニーさんは事件から隠れることを止めました!暴行を受けた写真を公開することによって、DVという理不尽かつ危険な暴力行為を世界に訴え、同じような状況に陥っている人がいたら「暴力から逃げる勇気」を与えたいと強く思ったそうです。

傷が癒えたステファニーさん

dv03

自分自身も心にすごく傷を負っているはずなのに、この勇気ある行動を起こしたことは、DVに苦しんでいる女性にとって光になることでしょうね。これからのステファニーさんの人生が穏やかで素敵な日常になることを願っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。