うどんを公園に捨てまくる男を逮捕!!「鳥に食べさせるためで・・・」

%e5%91%b3%e5%99%8c%e7%85%ae%e8%be%bc%e3%81%bf

うどんを公園に捨てまくる男を逮捕!!「鳥に食べさせるためで・・・」

10月31日、名古屋市東区矢田南にある矢田公園うどん店ででた残飯を公園内に捨てたとして、威力業務妨害で現行犯逮捕しました。逮捕されたのは名古屋市名東区のうどん店店主・村上幸徳容疑者(51)で、毎週公園に捨てにきていると通報があったことから逮捕に繋がったそうです。

m_asjb043tbjb0oipe00y

愛知県東署によると、村上容疑者は3年以上前から1週間分のうどんや、野菜などの残飯を4キロ離れたこの公園に車で運び捨てていたということで、「鳥に食べさせるためで、管理を邪魔するつもりはなかった」と話しているそうです。

この公園は近隣の小学校の児童が、休憩時間中に遊び場としても使っていたそうで、散らかった残飯を児童らが片付けることもあったそうです。そして小学校が土木事務所に連絡し、同事務所が東署に相談。31日の早朝、公園で職員が警戒していたところ、残飯が入ったポリ袋を持った男が現れたため緊急逮捕したそうです。東署が今月分の公園の防犯カメラを確認したところ、日曜日と月曜日によく捨てに来ていたそうです。

村上容疑者が経営するうどん店は、名古屋名物のみそ煮込みうどん等、約100種類もの品数がある人気店だったそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。