【遺書発見】岩手県盛岡市の四十四田ダムで女子高生2人が一緒に飛び降り自殺を図り死亡、現場の状況がヤバ過ぎる…【画像あり】

岩手 ダム 自殺

盛岡市のダムで女子高生2人が揃って飛び降り自殺を図り1人死亡

22日午前1時頃、岩手県盛岡市上田松屋敷の四十四田ダムで女子高生2人が飛び降りたと通報がありました。
現場に駆け付けた消防隊員がダムの放水口側を見ると、下方約20メートル付近の斜面に女性が2人並んで倒れていたそうです。

女子高生、2人で飛び降り自殺

ダム 自殺
消防隊員の話によると、倒れていたのは15歳と16歳の女子高生で2人とも病院に運ばれましたが1人が死亡、もう1人も意識不明の重体だそうです。

高さ20メートル付近の通路から飛び降りたとされており、その場所は自由に出入りが可能となっていました。
通報したのは飛び降りた2人を知る男性だったとのことで、警察が詳しい話と事実関係を聞いているとのことです。

現場には遺書のようなものが残されていたとのことで自殺の可能性が高いようです。
警察が遺書を確認したところ、事件に巻き込まれたりイジメにあっていたようなことは無いだろうとの見解を示しています。

ネットでの情報筋では、このように記載されています。

『A子が失恋、その後周囲に「後悔させてやる」などと語っていた。
自殺当日、A子が自宅にいないことに気付いた兄は自宅近くに住む友人(通報者)に「見てきてくれ」と連絡を入れた。
その連絡を受け、友人が現場に向かうとダムの下にA子ともう一人が並んで倒れており119番通報。
二人は病院に搬送されたがA子は骨盤骨折の重傷、もう一人の女子高生は死亡した。』

このように事件の一部が語られていますが、なぜ2人が飛び降り自殺をしたのかまでは分かっていません。
来週にも2人が通っていた高校で全校集会が開かれるそうなので、新たな情報が入り次第更新します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。