島根女子大生殺人事件 矢野富栄容疑者、絞殺・バラバラ切断しただけでなく遺体を・・・(画像)

島根女子大生殺人事件で矢野富栄容疑者の異常な行動が判明

島根女子大生殺人事件 矢野富栄容疑者の異常な行動。遺体を1時間半も・・・

 

7年前に起きた事件に進展。2009年10月26日の夜に島根県立大学に通う平岡都さん(当時19歳)の遺体が広島県内の山中で発見される事件が起きていました。

今回の事件で警察は遺体発見後の2日後に交通事故で死亡していた矢野富栄容疑者(当時33歳)が事件に関わったいたとして、容疑者死亡のまま書類送検しました。

そして警察の発表で、矢野容疑者のとんでもない行動が明らかになりました…。

 

矢野富栄容疑者 切断された遺体をデジカメで撮影していた!!

矢野富栄容疑者 画像

矢野富栄容疑者

平岡都さん 画像

平岡都さん画像

警察の発表によると矢野容疑者は、自宅で遺体をバラバラに切断した後にデジタルカメラで遺体を撮影していたことが明らかになりました!その時間なんと1時間半にも及んでいたそうです…。

撮影された画像に写っていた壁は矢野容疑者の自宅と一致しており、また、画像にはバラバラにするために使われたと見られる包丁と矢野容疑者の足も写っている画像もあったそうです。

矢野容疑者は遺体発見後の2日後に山口県内で事故を起こし、死亡したのが確認されています。容疑者死亡に対し平岡さんの遺族は、「私たち家族には苦しみなどをぶつける先がありません。心のなかで都は生き続けてくれると思います」とコメントしています。

容疑者が死亡していたという意外な結末…。平岡さんのご冥福をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。