木村拓哉の最大の闇が判明!これは・・・(画像)

木村拓哉画像

木村拓哉の最大の闇とは!?最終回のスマスマで・・・

 

昨年の大みそか、国民的アイドルグループグループとして長年活動してきたSMAPが解散し、長い歴史に幕を降ろしました…。しかし解散後も様々な報道が行われており、未だSMAPの関心の高さが伺えます。

SMAP 画像

解散したSMAP

グループで活動している以上、解散は仕方ないことだとしてもファンにとって残念なことは、彼らのラストコンサートが行われなかったことや、5人揃っての会見などが行われなかったことですよね。実質のラストステージとなったのは彼らが揃う唯一の番組であったフジテレビ「SMAP×SMAP」の最終回で披露した「世界に一つだけの花」。メンバー5人は歌い終わったあと、何も語らないまま頭を下げ続けていました。

スマスマ最終回では、森且行の脱退や、草彅剛稲垣吾郎の逮捕といったこれまで取り上げることがなかった歴史も放送されるなど異例の放送でしたが、唯一触れられなかった木村拓哉の最大の闇があると話題になっています!

「元々ジャニーズの方針で、2人の共演がNGだったのもあるんですが、一連の解散騒動で、すっかり裏切り者扱いとなっていた木村を、陰で操っていたのが工藤とされており、夫婦共々イメージが悪い。最後の最後に“解散の元凶”を想起させる表現だけは、今後の木村のイメージを守る為に絶対に避けたかったということでしょう。他のメンバーのタブーをわざわざ解禁したのも、むしろ木村のクリーンさをアピールするためかもしれません」(芸能関係者)

引用元;http://dailynewsonline.jp/article/1255541/?page=2

注目が集まっていた番組の裏でこんなことが…。真相は分かりませんが、今後もSMAP解散については様々な報道が行われそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。