紅白で司会を務めた有村架純が超大物歌手を激怒させていたことが発覚!!!

謝罪

紅白歌合戦で大物歌手を激怒させてしまった司会の有村架純

昨年大晦日に行われテレビ業界の視聴率低迷が問題になっている中、昨年の『紅白歌合戦』では視聴率40.2%をたたき出し素晴らしい結果で幕を閉じました。

そして和田アキ子の出場がなかったことなども大きな話題となりました。そして今回は初めて司会に抜擢された有村架純(23)でしたが、司会の途中ベテラン大物歌手を激怒させてしまっていたことを週刊文春が報じていたのです。

紅白歌合戦

極度の緊張で大物歌手の高橋真梨子を激怒させていた

紅白出場

高橋は今月6日に放送された「中居正広の金スマスペシャル」に出演し、紅白出場を決めた理由から有村対して怒ってしまった理由などについて告白しました。

 

高橋は更年期障害などがきっかけで大量が33キロも落ちたこと、過去のトラウマなどを赤裸々に告白。

大量も万全ではなかったらしく紅白出場をするかしないかで悩んでいたという。

 

しかし夫の後押しもあり紅白出場を決意。本番では名曲の『ごめんね・・・』を熱唱しました。

昨年で、芸能生活50周年を迎え、そのことをつづったメッセージを曲を歌う前に司会である有村が代読したのです。

しかし、その代読の際、有村は極度の緊張からか全く抑揚のない棒読みになってしまい高橋は怒ってしまったのだというのです。

 

NHK関係者のよると、有村は本番2日間のリハーサルの時点で疲れ果ててしまっていたみたいなのです。

そして本番では、なんとかこなすことしか考えられなかったとか・・・・

紅白翌日の1日に有村はブログで謝罪

有村はこのことを深く反省しているみたいで紅白が終わり翌日の1日にブログを更新し「本番は、口から心臓が飛び出そうなところからスタートし、グタグタな進行と、聞き取りづらい滑舌と、声とで、不快な思いをされた方もいたと思います。本当にすみません」と謝罪しました。

 

紅白という大きな舞台での司会は誰でも緊張してしまうと思います。

23歳という若さで司会に抜擢されたこと自体すごいことです。

この経験を生かしてさらに大きく成長できたらいいですね(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。