20代前半のころから1日40缶以上のビールやボトルを飲み続けた女の末路がこちらです(衝撃画像)

ビバリー・ピッコラー

※日々の異常な量の飲酒は絶対危険です・・・

1月13日に英タブロイド「Daily Mail」が衝撃の記事を報じました。

それは、毎日異常な量のお酒を飲み続けた女性の現在というような内容の記事でした。

その女性の名前は、ビバリー・ピッコラーさん(35)。

長年の深酒が原因で死に直面してしまい、現在老人ホームで介護されている状態になっている。

若いころとは別人になってしまったピッコラーさん

記事によるとピッコラーさんはおそらく20代前半からお酒を飲み始めたとみられており、そのころから10年以上毎日パブを訪れては40缶以上のビールやボトルを飲み続けていました。

さらにピッコラーさんには4人の子供を持つ母親だったのです。

20代前半のころのピッコラーさん

20代前半

現在は35歳ですが、すでに老人ホームでの介護状態。

もちろん彼女以外は全員高齢者です。

現在のピッコラーさん

アルコール依存症 イギリス報道

昔と比べると見る影もなく、痩せこけてしまい歯は腐ってしまい肝障害を起こしているという。

これでまだ35歳とは思えません。

子育てに疲れ果てたのか・・・お酒が好きでどうしてもやめられなかったのか・・・原因は分かっていません。

老人ホームにいてもなにも違和感のないような姿になってしまったのです。

 

アルコール依存症で現在治療中の人や、お酒が辞めたいのにやめられなくて悩んでいる人はたくさんいると思いますが、毎日異常な量のお酒を飲み続けるとピッコラーさんのようになってしまう可能性は大いにあるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。