丸3日燃え続けているアスクル倉庫、ついに爆発が起こり消火不能に(画像)

アスクル倉庫 爆発

火災発生から丸3日が経過したアスクル倉庫が爆発を起こし消火難航

埼玉県三芳町で16日から火災になっているオフィス用品通販大手「アクスル」の物流倉庫で爆発が起こりました。

アクスル倉庫は16日未明に出火し、丸3日経過した19日現在も消火活動が行われていますが消化のメドはたっていません。

アクスル倉庫、爆発

アスクル倉庫 爆発
19日午前0時過ぎに倉庫3階の南東側で爆発が起こりました。

原因は、この場所にはスプレー缶などが大量に保管されていたとのことで、引火したと見られています。

この爆発のあとに火の勢いが強くなり、これまでに4万5千平方メートルが焼けたとのことです。

この倉庫の2階以上には、ほとんど窓などの換気設備が無く消火が困難とされているため、重機などを使用して外壁を壊して消火作業に当たっています。

しかし、長期間熱された建物は脆くなっており倒壊の危険もあるためはしご車からの放水が基本となっている模様です。

現在の消火の見通しは立っておらず、さらに数日に渡って燃え続ける可能性もあるようです。

三芳町は周辺住民に危険が及ぶ恐れがあるとして、倉庫の西側に住む3世帯7人に避難勧告を出し、この内2世帯6人が近くの公民館に避難しているとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。