ポケモンGOをしながら運転しひき逃げした山内隼人被告(38)に対しての裁判の判決に衝撃が走った・・・

酷すぎる判決

ポケモンGOをしながら運転しひき逃げ

スマートフォン向けのアプリでかなり話題となったポケモンGO。今では落ち着きを見せてきたものの当時はどのチャンネルでもニュースとなっていたくらいでした。人気が爆発したのはいいですが、その陰で悪い部分も・・・。

2016年11月20日夜、相馬市中村の県道でポケモンGOを運転しながら男性を撥ね、さらに逃げたなどし自動車運転処罰法違反(過失致死傷)・道交法違反(ひき逃げ)の罪に問われた解体工、山内隼人被告(38)。福島地裁で27日に実刑判決が下されたのですが、その判決に衝撃が走ったのです。

裁判結果が酷すぎる・・・

亡くなったのは福島県相馬市成田の会社員の清水佑介さん(当時33歳)でした。婚約者の女性(当時22歳)が迎えに来た車の脇に立っていました。その女性の車に追突しさらに清水さんを撥ね、そのまま45メートルもの距離を引きずり死亡させたのです。車に乗っていた女性にもケガをさせました。

そんな自分勝手な運転をしていた山内被告に対して下された判決が懲役3年6月(求刑・懲役5年)の実刑判決だったのです。

真里にも軽すぎる刑に傍聴席にいた清水さんの母親は「刑があまりにも軽すぎる。人の命をなんだと思っているの」と声を荒げました。この軽すぎる結果にはどこの母親でも納得できないでしょう。

判決を言い渡した宮田祥次裁判官は「ポケモンGOに気を取られていたのは明らかで、注意義務違反の程度は著しい。婚約者との幸せな結婚に向けて愛を育んでいる中、何の別れの言葉を告げることもできないまま、いきなり命を絶たれた被害男性の無念は察するにあまりある」としました。

 

あまりにも残酷すぎる判決に母親と婚約者はただただハンカチで顔を抑えうなだれるしかなかったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。