福岡市の原三信病院にタクシーが突っ込む事故。運転手は64歳の高齢者ドライバー

福岡市・原三信病院にタクシーが突っ込み、2人が死亡 タクシードライバーを逮捕

 

3日の午後5時すぎごろ、福岡市博多区大博町1にある原三信病院にタクシーが突っ込む事故が発生しました!タクシーを運転していたドライバーは64歳の高齢者ドライバーだったのです…。

 

2人死亡、7人が負傷。意識不明者も・・・

タクシーを運転していたのは、福岡市西区小戸4のタクシー運転手で松岡龍生容疑者(64)。松岡容疑者は個人タクシーのドライバーと判明しています。松岡容疑者の運転するタクシーは玄関入口横のガラスを突き破り、院内まで侵入しています。今回の事故で2人の死亡が確認されており、少なくとも7人が違う病院に搬送されているそうです。搬送された被害者の中には意識不明の重傷者もいると報道されていますが、現在のところ詳しい詳細は発表されていません。

事故現場画像

事故現場画像

 

事故原因

松岡容疑者は警察の捜査に対して、「ブレーキを踏んだが車が止まらなかった。ギアを変えてエンジンブレーキをかけようとしたが減速せず、病院に突っ込んでしまった」と話しているそうです。しかし目撃者の話によると、タクシーがスピードを上げて病院に向かっていったとの証言もあります。タクシーが何らかのトラブルでブレーキシステムに故障、もしくは最近おおく発生しているブレーキとアクセルの踏み間違いの可能性もあると思われます。

 

同様の事故が相次いで起きています。しかし対策が難しいのが現実です。高齢者に限らず、無理・無謀な運転にならないように過信した運転だけは控えましょうね。亡くなられた方のご冥福をお祈りします。