福岡・原三信病院タクシー死亡事故 事故を起こしたタクシー、縁石に乗り上げるなどの暴走運転・・・

事故現場画像

原三信病院タクシー死亡事故 市道縁石に乗り上げるなどの暴走運転をしていたことが判明!

 

3日の午後5じごろ、福岡市博多区大博町にある原三信病院にタクシーが突っ込み、死者3人、意識不明の重体1人、6人が負傷する事故で、新たな事実が判明しました!事故を起こしたタクシーは、病院に突っ込む前から危険な暴走運転をしていたことが判明したのです…。

 

一時停止無視・縁石乗り上げなどの暴走運転!

事故が発生した原三信病院 画像

事故現場画像

捜査関係者の話によると事故を起こしたタクシーは、病院の60メートル手前にある交差点の一時停止を無視した上、車両の右側・前後輪が市道の縁石に乗り上げるなどの危険な暴走運転していたことが判明しました!タクシーを運転していた松岡龍成容疑者(64)が車を止める為にあせり、周囲の確認を怠っていた可能性があると見られています。また事故現場近くに住む住民の方の話によると、タクシーが中央線をまたいで走行していたと証言しています。

松岡容疑者をよく知る知人や同業者の話によると、車の点検をこまめに行い、これまでに事故を起こしたなどの話は聞いていないといい、松岡容疑者が事故を起こすなど信じられないと話しています。

松岡容疑者は警察の取り調べに対し、「ブレーキが利かなかった」「エンジンブレーキをかけようとしたが減速しなかった」と供述しています。松岡容疑者と同居する家族によると松岡容疑者には持病がなく、体調面でもおかしなとことはなかったと話しています。

タクシーにはドライブレコーダーが搭載されていたと思われますが、現在のところ警察からの発表はありません。ベテラン運転手の車で何が起きていたのでしょうか?