マイケルジャクソンの娘・パリスジャクソンが自分の壮絶な過去と父の死について衝撃の事実を告白!!

モデルデビュー

マイケルジャクソンの娘が衝撃の事実を暴露!!!

世界中の誰もが悲しんだマイケルジャクソンの死。

彼がなくなったのは2009年の6月25日でした。自宅で心停止の状態で発見されボディーガードが通報。病院に救急搬送されましたがカリフォルニア時間で14時26分に死亡しました。

しかし、マイケルジャクソンの死の真相にはいろんな説があり本当の死の真相は誰も分からず・・・。

 

マイケルの死から数年が経ちましたが、先日モデルデビューを果たしたマイケルジャクソンの娘パリスジャクソンが衝撃の事実を告白したのです。

娘が激白

パリスジャクソンが父に言われていた衝撃の言葉

先日、パリスジャクソンはモデルデビューを果たし、父のことや自らのことについて衝撃の事実を激白しました。

パリスは父を亡くし数回にわたって自殺未遂をしました。しかしこの話はもう誰もが知っている有名な話です。

薬を大量に服用したり、手首を切るなど・・・。

しかし、そのような自殺未遂は父の死が原因ではないと本人は話しました。

 

パリス→「14歳の時に、年上の見知らぬ人から性的暴行を受けたの。誰にも言わなかったけれど、本当につらかった。極度のうつになって、何度も自殺未遂を図ったの

 

こう語ったパリスはさらに父であるマイケルジャクソンについてこう語ったのです。

父親は、殺されたのよ。そう信じているわ。父は『いつか殺される』と言っていて、その通りになった。コンラッド・マーレー医師の仕業だと思っているけれど、それ以上のなにかがあると思う。いま私は、チェスゲームのように真相を追い求めているの。言えるのはそれだけだけど、必ず正義を勝ち取りたい」と父は殺害されたと語ったのです。

そして殺害人物の名前まで公開したのです。

 

本当の真実は娘であるパリスの正義にかかっているということになりそうなのです!!!