全国の喫煙者 いよいよタバコを吸う場所が無くなる・・・

喫煙者はいよいよ心の準備を

タバコを止めたくてもやめられない、そもそも辞める気がない、タバコの値段が○○円になったらやめる、なんてことを思っている人が大半を占めているでしょう。最近では若者のタバコ離れが進んできており喫煙者も年々少なくなってきている傾向にあります。その理由の一つとして、「タバコの喫煙できる場所が昔と比べてはるかに少なくなっている」ということも一つの理由のようです。確かに、街のいたるところに禁煙という文字を見かけるようになった気がしますよね。

喫煙者にとっては本当に辛い現実でしょう・・・。しかし、そんな喫煙者に最も辛いであろうルールが決められてしまったのです。

焼き鳥屋・居酒屋までもが・・・

よう見る光景

お酒が好きな方、居酒屋の料理が好きな方は上のような光景はよく目にすると思います。居酒屋や焼き鳥屋などではタバコを吸っていいる人がほとんどですよね。喫煙者の方は「タバコが吸えない居酒屋にはいかない」なんていう人も少なくないのではないでしょうか?

しかし、今月25日に全国の居酒屋や焼き鳥屋も原則禁煙に向かっていることが分かったのです。

原則禁煙の経緯

タバコを吸っていない人がタバコの煙を吸わされる受動喫煙の防止強化策が厚生労働省の方で動いていたのです。一時は例外を含める案も出たようなのですが、家族連れや観光客の利用が考えられ禁煙がいいという判断に踏み切ったようなのです。

しかしこの意見に対して自民党内には反対意見も出ているようなので調整にはまだ時間がかかるようです。

どちらにしても喫煙者にとっては本当に最悪の情報でしょう(:_;)