【秘密の体験談】友人の彼女のアレは最高だった。。。

俺の親父は会社を経営してて、母親も別の会社を経営している。
 
俺が高校生になった頃家を増築し、俺はそこの新しい部屋を2つ貰った。
 
 
 
月々2万円の小遣いと、毎日1000円の昼飯代をもらっていて
 
あまり金には困ってなかった。
 
その頃から俺の部屋はつれの溜まり場になっていた。
 
 
 
いつも来るのは、俺と同じ高校の男4人で、その中の2人は彼女がいて、
 
学校は違うがしょっちゅう彼女も連れて来てた。
 
 
 
その連れの中のYにはN美という彼女がいて体つきがエロくてよくおかずにしてた。
 
YはN美とのセックスがどうだとか、テクニックを自慢したり
 
「お前も彼女ぐらい作れや〜」などと言われ、
 
中学校の時は冴えないやつだったくせに腹が立っていた。
 
 
 
 
俺はみんなが帰った後、N美が座ったソファやクッションの匂いをかいだり
 
使ったストローを舐めたり、Yにひそかな抵抗をしてた。
 
とにかくN美としたくてたまらなかった。
 
 
 
そんな気持ちが半年ほど続き抑えきれなくなり、
 
高2になった頃、俺はN美にある提案をした。
 
 
 
「絶対に内緒で、エロいバイトしない?」と俺は切り出した。
 
N美は「は?何それ」と答えた。
 
「俺、今彼女居なくて溜まってんだ、だからお金出すからどう?」
 
俺は童貞なのに大嘘を付いた。
 
N美は「マジで言ってんの?無理に決まってるじゃん」と言った。
 
俺はもう後に引けなくなり、さらに攻め立てた
 
「Yにはマジ絶対内緒にするし、お互い楽しめるじゃん」
 
「お金はそっちが決めていいよ」
 
でもN美は笑いながら「いやいや溜まりすぎだから。誰か紹介しよっかぁ」と言った。
 
俺も笑いながら「いやいやマジだから、N美なら秘密守れそうだし」
 
とか言いながら説得を続けた。
 
 
 
でもN美ははぐらかすばっかで、この話に全く乗ってこなかった。
 
こんな話を2回か3回したけど、そのたびはぐらかされてた。

 

▼▼▼アレは最高▼▼▼