【秘密の体験談】友人の彼女のアレは最高だった。。。

それから2ヶ月ぐらい経った頃、N美が1人でうちに来た。
 
「前言ってたバイトってもろえっちすんの?」
 
俺は「そうだよ。バイトする?」と聞いた。
 
N美は少し考えて「手だったらまぁいいかなぁ〜」と言い出した。
 
 
 
俺は「じゃあ百歩譲って口かな」と答えた。
 
N美は「マジ口はムリだから。口だったら1万はいる」と言いだした。
 
俺は1回5万ぐらいを考えていたからこの金額にビックリした。
 
 
 
俺は「じゃあ1万で」と答えた。
 
N美は「はっマジ1万?1回?」と驚いた。
 
俺は「そうだよ。いいバイトだろ」と答えた。
 
 
 
N美はかなり考えて
 
「1万って絶対だよ。あと誰かに言ったらマジ殺すよ」と言った。
 
俺は「言えるわけないじゃん」と言い早速1万を渡した。
 
 
 
するとN美は「今すんの〜」と答えたが、俺は強気になり
 
部屋のカギを閉めズボンを脱いだ。
 
N美は「カーテン閉めてよ」と言いながら自分でカーテンを閉めた。
 
 
 
昼間だったけど、少し薄暗く私服のミニスカートの脚がエロかった。

 

▼▼▼アレは最高▼▼▼