【衝撃事実】シン・ゴジラのとあるワンシーンに衝撃的な事実が隠されていた!よく見つけたな…

1

シン・ゴジラのワンシーンで新たなる衝撃事実が発見されてしまう

2016年7月に上映され、2017年11月に地上波で放送されたシン・ゴジラに衝撃事実が発覚しました。

上映開始時から映像内に様々な小ネタが隠されているのをファンが見つけては話題になっていましたが、今回新たにとんでもない事実が判明しました。

シン・ゴジラ

「シンゴジラ」の画像検索結果

『シン・ゴジラ』は、2016年(平成28年)7月29日公開の日本映画。総監督・脚本は庵野秀明、監督・特技監督は樋口真嗣。東宝製作のゴジラシリーズの第29作であり、『ゴジラ FINAL WARS』以来約12年ぶりの日本製作のゴジラ映画である。キャッチコピーは「現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)」。

従来の日本国内で制作されたシリーズ作品は世界観をリセットしても1954年の第1作でゴジラが日本に上陸した設定は踏襲され、作品内で日本国民にゴジラの存在が認知されていたが、本作は第1作を含む過去のどの作品とも繋がっていない独立した世界観となっており劇中世界では「怪獣」という概念や文言が存在せず、日本国政府が初めて「巨大不明生物」出現に直面するという設定になっている。

https://ja.wikipedia.org/

↓↓次のページに続く↓↓