【平昌五輪】スノボ代表の岩渕麗楽(16)が得点待ちしている時の姿が凄まじく可愛いと話題に【動画あり】

スポンサーリンク

スノボ代表の岩渕麗楽が滅茶苦茶可愛いと話題に

平昌オリンピック・女子スノーボード代表の岩渕麗楽がビッグエアを滑って得点が出るの待っている姿があまりにも可愛過ぎると話題になっています。

岩渕麗楽

「岩渕麗楽」の画像検索結果

岩渕 麗楽(いわぶち れいら、2001年12月14日 – )は、日本のプロフェッショナル・スノーボーダー。マネジメントはRADTAKE Inc。

岩手県一関市出身。一関市立東山小学校、一関市立東山中学校から一関学院高等学校在学中。

4歳からスノーボードを始め、10歳(小学校4年次)でU-15世代のスノーボード・ルーキーツアーに相当するINDY PARK JAM(アルツ磐梯)で優勝を飾る。中学校1年にしてプロフェッショナル・スノーボーダーに転向し、世界各地の大会に出場するようになる。

中学校卒業前の開催であった全日本スノーボード選手権大会スロープスタイルで87.83点で初優勝。この時点で15歳を迎えていたことから2017年より全日本スキー連盟(SAJ)スノーボード強化指定選手に選抜され、2018年冬季オリンピック代表候補となった。

2017-2018シーズンよりFISワールドカップシリーズへの参戦を始め、スロープスタイル開幕戦(カードローナ/ニュージーランド)で4位に入り、SAJが定めるオリンピック派遣標準条件をクリアした。そして12月10日のワールドカップビッグエア(コッパーマウンテン/アメリカ合衆国コロラド州)では169.25点をマークして初優勝を飾った。

https://ja.wikipedia.org/

↓↓次のページに続く↓↓