【衝撃】1年間毎日カロリーメイトだけ食べ続けた結果こうなった【画像あり】

1

カロリーメイト(CalorieMate)は、大塚製薬から発売されている栄養調整食品群の商品名(登録商標第1609035号ほか)である。1983年に発売された栄養調整食品の代表的商品として、その名を知られている。
01

大塚製薬の当時の社長であった大塚明彦が「バランスよく栄養を手軽に取る」というコンセプトのもと、スコットランドの伝統的な菓子であるショートブレッドから着想を得て考案したブロックタイプと、医療向けの濃厚流動食からヒントを得た缶タイプがある。

先に発売されたポカリスエットと並んで、現在の同社を代表する商品にもなっている。人間の生存に不可欠な重要栄養素である、タンパク質・脂質・糖質・11種類のビタミン・6種類のミネラルがバランスよく含まれている。

発売当初はチーズ味のブロックとミルク味の缶だけの商品構成であったが、1983年11月にコーヒー味の缶、1984年4月にフルーツ味のブロックを発売し、1990年代になるとブロックにはチョコレート味などのバリエーションや、ゼリーなどの商品形態の種類が次第に増えていった。

 

また、大塚製薬の佐賀栄養製品研究所より「朝食には、糖質だけでなく、五大栄養素のバランスが大事」という様々な試験結果が発表(日本臨床栄養 29(1)35-43(2007))されており、栄養バランスの重要性についての認識が一般に広まるにつれ、朝食や忙しい人の手軽な食事、夜食、非常食などの用途で親しまれている。

 

中には低カロリー食であるとの誤解からダイエットに用いる者もいるが、商品名のとおりカロリーが豊富に含まれているのでダイエット用途には適さない。五大栄養素であるタンパク質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラルのうち前三者までがカロリー源であることを考えれば、五大栄養素をバランスよく含むカロリーメイトは低カロリーにはなりえない。

 

味においてクセが少なく、保存性に優れ、調理の手間が無いことから、非常時においては軍用レーション以上の性能を発揮する。

 

wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%e3%ab%e3%ad%e3%aa%e3%bc%e3%a1%e3%a4%e3%88

 

毎日カロリーメイトのみ食った俺の健康診断結果がこちら

↓↓次のページに続く↓↓