【天変地異】とある場所で『青いマグマ』が発見される!!この世の物とは思えない実物と真相はこちら【画像あり】

1

マグマ(magma)とは、地球や惑星を構成する固体が溶融したものである。

地球のマントルや地殻は主にケイ酸塩鉱物でできているため、その溶融物であるマグマも一般にケイ酸塩主体の組成を持つが、稀に「炭酸塩」鉱物を主体とするマグマも存在する[1]。

「炭酸塩 マグマ」の画像検索結果

岩漿(がんしょう)ともいう。英語の magma は、ギリシャ語の μάγμα (糊の意)からきている。

マグマが存在する、すなわち地表に火山が存在する場所は限られている。

マグマの存在する場所はプレートの活動に由来して各プレートの周辺部で発生するものと、プレート内部で発生するものがある。マグマの生産量が一番多い場所は新しくプレートが生まれているプレート発散境界、特に中央海嶺で、ここでは玄武岩質マグマが生成している。

「珍しい マグマ」の画像検索結果

二番目にマグマ生産量が多いのはプレート収束境界、特に海洋プレートの沈み込み帯で、玄武岩質マグマから流紋岩質マグマまで多様なマグマが生成している。日本列島もこの領域に相当する。

プレート内部で発生するもののうち海洋性のタイプはハワイに代表され、主に玄武岩質マグマを生成する。ここではマントルの深部から比較的高温の湧昇流(マントルプリューム)が存在するホットスポットと考えられている[8]。

関連画像

大陸性のものはアフリカのリフトバレーがあげられるが、ここでは一般的なケイ酸塩のマグマだけではなく、炭酸塩のマグマカーボナタイトなど多様なマグマが生成されている。ダイヤモンドを産出するキンバーライトも大陸の中に存在する[9]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%9E

↓↓青いマグマは次のページで↓↓

よろしければシェアお願いします