【錬金】金属を食べて『金塊』を排出する微生物が発見される【画像あり】

1

金属を食べて金塊に変換する微生物が発見されてしまう!

金属を使用して金塊を生み出すことが出来たら誰でも大金持ちになれますよね?

そんな夢の話があるわけないと思う人が大多数だと思いますが、実はそれを可能にした微生物が発見されてしまいました。

これぞ錬金術といったところでしょうか。

「自然金」の画像検索結果

自然金(しぜんきん、native gold、gold)は鉱物(元素鉱物)の一種。

化学組成は Au であるが、自然銀(Ag)と固溶体を形成するため、銀を含むことが多い。結晶系は等軸晶系。色は黄鉄鉱や黄銅鉱に似ているが、条痕や硬度が異なる。非常に展性・延性に富む。地殻中の金の含有率は5ppb程度(1トンの岩石中に5ミリグラム入っている濃度)である。

熱水鉱床の石英脈・硫化鉱物の鉱脈中にごく稀に産出するほか、そのような岩体の風化・浸食に伴って、河川や湖沼・砂浜に漂砂鉱床を成すことがある。前者を山金(やまきん、さんきん)、後者を砂金(さきん)と呼ぶ。

https://ja.wikipedia.org/

↓↓次のページに続く↓↓