【真実】興味本位で遺伝子検査をして知りたくない事実を知ってしまった10人

1

興味本位で遺伝子検査をした結果とんでもない事実を知らされた10人

時代が進むにつれ、化学も劇的に進歩していますが、遺伝子検査も数十年前に比べると格段に精度が上がりました。

さらに、意外と簡単に検査を受けられるようになっており、興味本位で検査する人も増えているようです。

今回は興味本位で遺伝子検査を受けて、予想もしなかった事実を知らされてしまった10人をご紹介します。

遺伝子検査

「遺伝子検査」の画像検索結果

遺伝子検査 、DNA検査としても知られる 遺伝子 診断 は、受け継いだ 疾患や、親子鑑定(遺伝的な母親-父親または、多くの人々の間の 祖先 関係) を知ることができる。

染色体 の個々の遺伝子を調べ、変異体の遺伝子をもつことに伴う遺伝性疾患のリスクを測定する。 遺伝子検査は、染色体、遺伝子、タンパク質の違いを検知する。 様々な遺伝子検査が毎年開発されている。 古くは、遺伝子検査の主なものは、染色体数が異常かどうかや、遺伝疾患につながる珍しい染色体をもつかどうかを調べるものだった。

今では、遺伝子検査は、心臓病やがんなどの疾病に関するリスクを決定する複数の遺伝子を分析したりする。遺伝子検査の結果、遺伝病になりやすいかがわかる。 数百の遺伝子検査が現在利用可能で、ますます開発されている。

遺伝子の変異は直接タンパク質の構造に影響を及ぼすため、特定の遺伝子診断は、タンパク質又はその代謝物や、染色、蛍光染色を観察することにより行う。

この記事では医療目的のための遺伝子検査に焦点をあてる。

https://ja.wikipedia.org/

↓↓次のページに続く↓↓