【世界初】人間の言葉を話すシャチが撮影される!波形も酷似していると発表【動画あり】

1

史上初、人語を話すシャチが撮影される!

人語を話す動物として有名なのはオウムやインコですが、今回はオウムやインコほどではないですが、シャチが人語を話しているところが撮影されました。

動画に収められているので、どう聞こえるか聞いてみてください。

関連画像

シャチ(鯱、学名: Orcinus orca)は、クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科シャチ属の動物である。

マイルカ科の仲間では最大の種であり、平均ではオスの体長は5.8 – 6.7メートル、メスの体長は4.9 – 5.8メートル、オスの体重は3,628 – 5,442キログラム、メスの体重は1,361 – 3,628キログラム。

最大級のオスでは体長は9.8メートル、体重は10トンに達する。背面は黒、腹面は白色で、両目の上方にアイパッチと呼ばれる白い模様がある。生後間もない個体では、白色部分が薄い茶色やオレンジ色を帯びている。

この体色は、群れで行動するときに仲間同士で位置を確認したり、獲物に進行方向を誤認させたり、自身の体を小さく見せたりする効果があると言われている。大きな背びれを持ち、オスのものは最大で2メートルに達する。

背びれの根元にサドルパッチと呼ばれる灰色の模様があり、個々の模様や背びれの形状は一頭ずつ異なるため、これを個体識別の材料とすることができる。

長さ8 – 13センチメートルの円錐状の鋭い歯が上下のあごに計44 – 48本並んでいる。歯の形状は全体的にほぼ均一であり、獲物を咀嚼することよりも噛みちぎることに特化したものになっている。

https://ja.wikipedia.org/

↓↓次のページに続く↓↓

よろしければシェアお願いします