【激震】人間とチンパンジーの交配種「ヒューマンジー」が発見されてしまう!【動画あり】

スポンサーリンク

人間とチンパンジーの雑種『ヒューマンジー』は実在した

動物の異種間交配は常に研究されていますが、人間のクローンや雑種も現代の科学では可能となっています。

もちろん、倫理的な問題で表面上は実行されていませんが、裏社会では既に人間の雑種が誕生しているというのです。

今回は人間とチンパンジーを交配した『ヒューマンジー』についてご紹介します。

関連画像

交雑(こうざつ)または異種交配(いしゅこうはい)(英語: crossbreed)とは、生物学においては、異なる種や異なる亜種の関係にある動物・植物を特に人工的に組み合わせて交配させ、繁殖し雑種を作ること。

交雑は主に、有性生殖及び受精のシステム上の問題から、かなり近しい種類の有性生殖を行う生物間でのみ発生する。特に亜種間の交雑が進めば、亜種レベルの差異が小さくなり、亜種自体が消滅することが起こる。

種間の交雑は自然界ではあまり起こらないが、特定のグループの間ではしばしば起こり(コイ科、カモ属、イヌ属、カイコとクワコ、オオクワガタとコクワガタなど)、これらは種と亜種の区分が決して明確でないことを示している。

このような交配が新しい種の誕生につながるという進化論の説もある。その一方で外来種と現地の生物が交雑し、元の種族が外来種の生物とその交雑種とに、種としての生存競争で敗れる場合も見られる。(→野猫とヤマネコ)

https://ja.wikipedia.org/

↓↓次のページに続く↓↓