【衝撃事実】新小岩駅のホームのベンチが階段側を向いている理由が判明!これ逆効果だろ…

新小岩駅のベンチが謎の方向を向いている理由がこちら

日本全国の駅にはもれなくベンチがありますが、どこの駅でも向きは同じです。

しかし、新小岩駅のホームにあるベンチはどうにも見慣れない方向を向いています。その理由が…

「新小岩駅」の画像検索結果

新小岩駅(しんこいわえき)は、東京都葛飾区新小岩一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)総武本線の駅である。葛飾区最南端の駅。

運転系統としては、快速線を走る総武快速線および緩行線を走る中央・総武線各駅停車の2系統が停車する。また、特定都区市内制度における「東京都区内」に属する。駅番号は総武快速線がJO 23、中央・総武線各駅停車がJB 25。

1926年に設置された新小岩信号所を駅に昇格したものである。開業当時の周辺地名は小松菜の名の由来にもなった「小松」であり、北陸本線小松駅との区別のために「下総小松駅」となるところが、周辺住民の要望によって信号所の名前のままの「新小岩駅」となった。

その後、昭和40年代に実施された住居表示の際に、周辺の地名も駅名に合わせて新小岩・東新小岩・西新小岩となった。

島式ホーム2面4線を有する高架駅である。改札は南北の2箇所で、自動改札機が設置されている。南口にはみどりの窓口、指定席券売機が設置されている。
高架の高さが十分でない[5]ため、駅1階部分は地上より1mほど低い半地下になっている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%B0%8F%E5%B2%A9%E9%A7%85

↓↓衝撃の理由は次のページで↓↓