【発明】食べ物がおいしく感じるスプーンが発売される!仕組みがこちら【画像あり】

スポンサーリンク

食べ物がおいしく感じるスプーンを開発、ついに発売される

tn

 何で食べたって同じものなら味は変わらないじゃん。そう思って、フォークでお蕎麦を食べるとなんかいつもと違うような気がしない?割りばしでパスタを食べてもなんか違う気がするとか。

 もちろんそれは習慣によるものもあるんだろうけど、思っている以上に「何で食べるか」って重要なのだそうだ。

 食器やカトラリーは、食べ物の風味とその知覚に影響しているのだという。

 食品の風味と知覚を研究しているアンドレアス・フェビアン氏は、画期的な商品を開発した。なんと「食べ物をおいしく感じるスプーン」なのだそうだ。
 
 このスプーンの秘密はその形状にある。
 その形状ゆえに、使えるシチュエーションが限られてもくるんだけどね。

↓↓次のページに続く↓↓