【真相】ペットボトルの水に賞味期限がある理由が判明。水質の問題ではなかった!

スポンサーリンク

ペットボトルの水に賞味期限がある理由を知っていますか?

皆さんはコンビニなどでペットボトルの水を買うと思いますが、基本的にはその日、長くても数日中には飲み切ってしまうと思います。

そして、ペットボトルの水に賞味期限があるということを知っていますか?

水質の問題だと思うかもしれませんが、実はペットボトルの水に賞味期限がある理由にはこんな背景があったのです。

「ミネラルウォーター」の画像検索結果

ミネラルウォーター(英: mineral water)あるいは鉱泉水(こうせんすい)とは、容器入り飲料水のうち、地下水を原水とするものを言う。

ミネラルウォーターとの名称から、ミネラル(無機物)を多く含んだ飲料水であると思われがちだが、ミネラルウォーターに含有する程度のミネラルでは栄養補強には程遠い。ミネラルウォーターには大豆や魚と比較してカリウムやマグネシウム、カルシウムといったミネラル分はほとんど含まれておらず、1日の基準摂取量を満たすには数十リットルから数百リットル飲む必要がある。

基本的に水であるため、大量に摂取すれば摂取するほどに尿の量も増え、それに伴ってミネラル分も吸収した傍から排出される。また、水中毒の危険性があるため、推奨されない。ミネラル分は食事から摂取する必要がある。

https://ja.wikipedia.org/

↓↓次のページに続く↓↓