快適なフィッシングが楽しめる用途に合わせたリールの選び方

リール選び

スポンサーリンク

釣りに使用するリールの選び方

冬が終わり春から秋にかけてフィッシングライフが楽しめるシーズンに突入しました。

子供からベテランの上級者さんにも参考になるリールの選び方を掲載させていただきます。

 

リールの種類

釣りに使用するリールには大まかに2種類のリールがあります。
持っている竿によって絶対に間違えられないので注意してくださいね!

スピニングリール

スピニングリール

釣りの初心者は、このスピニングリールを選ぶのをオススメします。

ベイトリール

ベイトリール

船釣りやバスフィッシングなどでルアーを使用する方に多く使用されているリールです。

どちらのリールを使用するのかはお手持ちの竿に対応しているかを確認してください。

 

リールの選び方

釣りをやったことが無い方は、まずはスピニングリールの方を使用するのをお勧めします。

理由はベイトリールはバックラッシュという釣り糸が絡まるからです。
バス釣りなどで巻き物系のルアーを使用する時にも十分スピニングリールで代用できますし、プロの釣り師でもベイトリールにこだわっている人ばかりではありません。

 

選考の材料

釣りに使用するリールと言っても、値段はピンキリでどのくらいの相場のものを使用したら良いのか判断に悩むと思います。

その時に目安にしたい項目は

・巻きやすさ
・丈夫さ
・管理のしやすさ
・デザイン

このどこを重視したいのかを決めておくと良いです。

初心者の方は絶対的に低価格のもので1000~5000円くらいの物で十分だと思います。

10年ほど前は糸を巻く時にギシギシと音がするような物もありましたが、最近のものだと釣り竿とセットでも5000円あれば揃えられるものが多くあり、けっこう丈夫です。

ファミリーでのフィッシングならセットの物で十分です。

 

高ければ高いほど、メンテナンスをしなければいけない印象があります。
リールの中にあるベアリングが錆びないようにオイルを塗って・・・・・・めんどくさいですよね。

たまらなく釣りが好きな自分からすると、そのメンテの時間も楽しいワケですがwww

 

まとめ

ファミリーフィッシングは、まず手軽な釣り道具のセットを揃えればOK!
最初に全ての道具をそろえなければいけないということでもありません。

趣味になってしまえば、徐々にコレクションのように道具は揃っていきます。

※釣りの際は十分安全に考慮し、楽しんでください。