【勘違い】日本人のほとんどが間違っている日常の常識12選

1

ほとんどの人が勘違いしている日常の常識12選

日常生活において常識だと思っていたことが実は間違っている!?

今回は日本人のほとんどが常識だと思っている日常の色んなことについてご紹介します。

常識(じょうしき)は、社会の構成員が有していて当たり前のものとしている。社会的な価値観、知識、判断力のこと。[要出典]また、客観的に見て当たり前と思われる行為、その他物事のこと。対義語は非常識(ひじょうしき)。

社会に適した常識を欠いている場合、社会生活上に支障をきたすことも多い。社会によって常識は異なるため、ある社会の常識が他の社会の非常識となることも珍しくない。これは文化摩擦などとして表面化することもある。

https://ja.wikipedia.org/

1.コンセント

「コンセントをさす」と言っている人、いますよね?

正確な表現は「コンセントにプラグをさす」だそうです。

この画像のように壁に設置されているものが、コンセントです。

↓↓次のページに続く↓↓