【用途】バッグを買ったら中に入っている小さな白い袋を捨ててはいけない理由がこちら。こんな風に使うのか…

スポンサーリンク

バッグを買ったら中に入っている白い小さな袋には使い道があった!

新品のバッグを買うと、中に小さな白い袋が入っていますよね?

皆さんはその袋は捨ててしまうと思いますが、実はあの白い袋には使い道があったのです!

新品の鞄に入っているモノ

新たしい鞄に必ず入っている小さな袋を知っていますか?

意識していない人は、まだ鞄に入っているかもしれませんね。

この小さな袋はシリカゲルといいます。

シリカゲル (silica gel) は、メタケイ酸ナトリウム (Na2SiO3) の水溶液を放置することによって生じる酸成分の加水分解で得られるケイ酸ゲルを脱水・乾燥した物質。組成式はSiO2・nH2O、CAS登録番号は7631-86-9である。

A型とB型があり、A型は低湿度でも水分を吸着し、加熱すると水分を放出して、乾燥剤として再生される。B型は高湿度では水分を多く吸着するが、低湿度では水分を放出するという珪藻土のような性質がある。

wiki

↓↓次のページに続く↓↓