出張先の宿で先輩(男)と後輩(女)が同じ部屋に泊まった。後輩「彼女いないんですか?」先輩「居な…」→結果…

1

後輩女「おはようございます」

男「おはよう」カタカタ

後輩女「男先輩、今日も早いですね」

男「いつも通りだよ」カタカタ

後輩女「今日もよろしくお願いします」

男「はいよろしく」カタカタカタカタ
 
後輩女「今は何をしているんですか?」

男「来週の予定を作成中」カタカタ

後輩女「まだ水曜日です。早くないですか?」

男「面倒事は早めに片付けたくてね」カタカタ

後輩女「今週の予定が狂ったらどうするんですか? 訪問先に問題があったら組み立て直しです」

男「その時はその時にやるよ」カタカタ

後輩女「今日は一日内勤ですけど、明日と明後日は木更津と相模原です。事前連絡しているとはいえ問題が無いとは言い切れません。来週の予定は監査訪問を終えてから作成するべきです」

男「金曜日は夕方からミーティングがあるから、相模原から帰ってきてからだと遅くなる。必然的に今日しか無いんです」カタカタ

後輩女「男先輩は行き当たりばったりなのか、きちんとしているのかわかりません。はっきりするべきです」

男「そうかもね」カタカタカタカタ

男「んいっ」バキバキッ

後輩女「凄い音です」カタカタ

男「うーん、煙草吸ってくるね」

後輩女「……煙草は止めるべきです。しかもそんな重い煙草」

男「ロングピースね。これしか吸いたくないんだよ。他は軽過ぎて吸った気にならない」

後輩女「身体は全然平和じゃないです。名称詐欺です」

男「身体はもう諦めてるから問題無いよ。君を一人前にしてしまえば俺は必要無いから、そろそろ死んでも大丈夫」

後輩女「そういうことをわたしに言わないでください。まだ一人前のつもりはありません」カチカチ

男「この前の一関での指導も中々良かったよ。見る目も確実に出来てきているから、本当に俺はいらないかもね」

後輩女「……ばか」カチカチ

男「すぐ戻ってきますよ」バタン

↓↓次のページに続く↓↓