旦那と仲良くやっている私。ある日、男から強制的に繋がってしまう→その時の味が忘れられず、次に再開した時には…

1

今日も、あの男はやってきました。

 

いつものように

 

主人と子供を送り出した時間帯を狙って・・・。

 

ゴミの処理を済ませて、

 

マンション下の広場で

 

ご近所の方と立ち話をしていました。

 

ふと、遠くを見ると、

 

あの男がこちらに歩いて来るのです。

 

無精ひげをはやしたあの醜い男が。

 

私は背筋に悪寒を感じ、

 

何とかあの男に見つからないように、

 

その場を立ち去ろうとしました。

 

でも、次の瞬間、

 

そんな私の想いははかなく崩れさりました。

 

なぜなら、あの男と目線があってあってしまったからです。

 

一瞬、私はあの男が、

 

ニヤリとしたように感じました。

 

そして、次には私に対して、

 

顎で合図を送ってきました。

 

それはまさに「早く、家に帰れ」

 
↓ 次のページへ ↓